クラウド環境のプラットフォーム

販売在庫管理のトータルソリューションSF販売在庫管理システム

過剰在庫や在庫不足問題を適正化し、受注を増やせる販売在庫管理システムです

商品が確実に売れ続ける事の無くなった今、品質・コスト・納期に注力するだけでは足りません。
経営(人・物・お金)を圧迫する適正在庫課題を解消し、利益の出せる経営基盤への見直しをします。

販売在庫管理の課題

課題

  • 適正在庫

    在庫が過剰なのか不足するのか適正在庫が見えず、管理できない

  • キャッシュフロー

    売掛金回収の管理が必要だが、作業がとても大変

  • 受注が伸びない

    曖昧な需要予測で緊急対応が続き、受注を伸ばせない

適正在庫が見えない原因

  • 入出荷時点での管理ができず、担当者毎に管理がバラバラ
  • 引き当てルールが曖昧で有効在庫の把握や需要予測が行えない
  • システムを導入しても、実在庫情報の更新作業が追い付かない

適正在庫を見えるようにして需要予測が行えるようになれば、
連続する緊急対応から解放され、高い生産性による働き方改革への道も開けます。

対策(販売と在庫の情報を連携)

対策

具体的には、在庫を取り巻く販売情報(見積・注文・仕入・請求・入金)を全て電子データにし、リアルタイムで管理できるようにします。

  • 受注情報の自動入力により精度の高い納期回答が可能です
  • Excel情報の重複入力や転記がなくなり、正確なリアルタイム情報を入手できます(CSV、PDFファイルの自動読み込み)
  • 早期に仕入情報の整備ができ、内示書の作成効率がアップ
  • バーコードや識別番号の生成と読み込み機能
  • 単品やロット単位でのデータ管理、複数拠点を一元管理

SF販売商品在庫管理システムの特長

1.幅広い取扱い業務範囲

  • 見積もりから受注管理、仕入、在庫、納品、売上、入金の販売管理までをトータルにカバー
  • 特注品、加工品など特殊業務に対応
  • 一括納品、分割納品など多様な納品体系に対応
  • 一括入金、分割入金など債権管理も柔軟に対応
  • クラウドサービス提供で、最小システム導入コストで最大運用効果を実現
  • 細かなカスタマイズ要求を高い満足度のサービスで仕上げます
  • クラウド運用の安心サポートサービスを提供(サーバー監視・管理トータルサービス)

基本機能 「売上・売掛・請求」「仕入・買掛・支払」「在庫管理・集計」

売上管理 売上処理・納品書発行・売上日報
仕入管理 仕入処理・仕入確認表
在庫管理 商品在庫照会・商品入出庫照会
請求管理 請求一覧表・回収予定表・回収実績表
支払管理 支払一覧表・支払明細表・支払予定表
FB( Firm Banking)データ作成
月次管理 売掛一覧表・買掛一覧表・在庫月報
帳票管理 各種売上帳表・各種仕入帳表・明細帳表・Excel出力
その他 セキュリティ、承認等の非業務機能
外部システム連携機能(FAX、メール、分析[BI])

オプション

見積管理 見積処理・見積書発行・見積確認表
受注管理 受注処理・受注状況照会・受注集計表
発注管理 発注処理・一括発注処理・入荷指示書・発注集計表
  • オリジナルの発注書
  • 直送手配への対応
  • 納品期日管理
  • 仕入一括計上(伝票作成)

2.システムの仕様変更に容易に応えられます(導入期、導入後)

ワンダーロボ(Excel設計書による開発作業の自動化)が信頼できる標準手法により、人に代わって低いコストと短納期で追加や変更の開発作業を代行します。

3.集計や分析の実務を支えられる本格的WebDBシステムです

販売商品在庫管理システムは、SQLServerやOracle等、商用汎用DBで稼働します。
SKU(Stock-Keeping Unit:商品識別の単位)が数億点に及ぶシステムでも問題はありません。
また、VB(Visual Basic)等からの豊富な移行実績によるノウハウも蓄積され、Webアプリで起きるパフォーマンスやセキュリティ要求にも十分お応えすることができます。

※販売商品在庫管理システムはSaaSForce(当社の業務システム開発プラットフォーム)による製品です。

〜今後連携したい業務システム〜

〇倉庫管理
 ・ロケーション管理機能。保管位置が担当者でなくても扱える
〇生産管理システムとの連携

効 果

人件費の削減

人のする作業にまつわるコストを一挙に解決

  • 調達、教育
  • 作業
  • 引継ぎ
  • 相性
スピード実行

人の限界をクリアします

  • システムを自動開発
  • 同じ作業の繰り返しでもミスをしない
  • 定時作業も忘れずに実施
  • 社外からも閲覧承認
働き方改革への貢献
  • バックオフィスの業務が効率化できる分、人を利益を増やすフロントオフィス業務へ振り向けられます
  • 会社のPCでしか行えなかった多くの業務が、社外でもできるようになり、柔軟な働き方が可能になります
  • 運用の変化に適合できるよう継続的に仕様の見直しを掛けられるので、高い業務効率を安定的に維持できます

動作環境


※ホスティング環境での運用も可能です、稼働環境詳細についてはお問い合わせください。

価格

2019『IT導入補助金』の申請採用にて、最大50%(450万円まで)の支給を受けられます。

例えば導入年の年間費用558万円(税別)なら、最大279万円が戻ってきます ※1

  • 導入コンサル費用
  • クラウド運用環境構築費
  • 導入研修(操作教育1日)

※1 別途クラウド環境利用費用(実費)が掛かります。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください
※ 利用ユーザー数制限はないので、サーバーの処理能力いっぱいまで利用者数を増やせます。

※21ヵ月間無料トライアル実施中!

※2  全機能を1ヵ月間無料でご試用できますので、この機会にぜひお試しください。

ご提供サービス

ご要望に応じたサービスをご提供いたします。お気軽にご相談ください。
・SF販売在庫管理システム 無料操作体験ハンズオン開催中(2時間)

導入実績1 特注品管理システム

注文生産品をツリー型BOMで管理

※BOM(Bill of Materials)商品の材料仕入から加工品の完成(入庫)までを統合管理する管理システム

概要

中国天津に生産拠点を持つ自動車用金型部品を製造する日系企業です。加工を伴う部品を仕入れて生産し納品する特注商品を扱います。
注文を受けてから、製品設計を実施。数百種もある部品は購買品と加工品とに分かれて材料を仕入れます。加工組立作業では、標準品から加工に切り替えたり、歩留まりによっては追加の調達も必要になり、一連の業務管理は分断され非効率的でした。

親品目と子品目を関連付けてツリー型で部品を一括して調達管理できるBOMシステムの導入を検討していました。

注文票

詳細部品表

実施


ツリー(材料加工)型による生産管理業務の統合

自社向けに製品のカスタマイズとなりましたが、手組み開発の1/2以下のコストで構築しました。
一元管理できるようにシステム化:注文から入庫した部品表の管理、分納出庫、入金管理までの業務全てを網羅しました。

販売在庫管理システムの有効性を発揮

高い生産性
部品加工を伴う生産管理業務の効率を上げるために豊富な自動化機能を搭載しました。

柔軟な調整力
日常語によるExcel設計書が残るため、システム調整が楽に行えました。

自由なデザイン
分かりやすく人にやさしい画面レイアウトを自由にデザインできるため、希望に近い画面になりました。

効果

見積から入金までの生産管理をシームレスに連携

販売在庫管理Webシステムの導入
業務コストの削減:見積から入金まで転記なしに電子データで連携したため、高い品質で業務の効率がUPし、コストを削減できました。
働き方改革で成果:数百に及ぶ複雑な部品管理を一括で行えたため、ムラがあった人手作業の時間を大きく削減でき、労務改革につながりました。
リスク削減:設計変更に伴う仕様の変動をシステムが100%追従しミスや作業遅れによる品質低下や納期遅延のリスクの削減に成功しました。

     

導入実績2 生産材料・部品仕入管理システム

仕入れ品をサマリー型BOMで管理

※BOM(Bill of Materials)資材調達で利用する製品を構成する部品を管理するシステム

概要

中国に生産拠点を持つ自動車用のシートを制作する日系企業です。メーカーでは、商品の生産に必要な材料やパーツを多数調達する必要があり、一定量の商品数分の仕入れ量が揃うまでは在庫保管(プール)しておく必要があり、一貫した統一管理が必要になります。

弊社の販売在庫管理システムを導入することで、複数に分散していたシステムをWebに統合して最新化しました。それにより業務プロセスが一気通貫となり、可視化・自動化・効率化を実現しました。
システムごとにばらばらだったデータは、正確性・網羅性を担保できるので、業務プロセスの継続的改善や高度な経営判断への活用への道筋ができました。

実施

Webシステムならサーバー側で情報を一元して共有

業務事情の変動が多くシステムにも柔軟性が求められるため、業務ごとのアプリや、ERPパッケージによる業務テンプレートの適用は適さないと判断。 業務毎にシステム発注先を選定していたが 、最終的に弊社の「販売在庫管理システム」に決定。

3つの目標を立て対策の実現と体制造りを実施


@ 低コスト短納期で導入
作って完成ではなく、計画を安く早く実施して導入し、実践で効果検証しながら発展させる体制に適合させました

APDCAを継続実践できるように
設計書の自動取込や定義内容の出力を可能にし、迅速に改善ができるシステムにしました

B業務品質を安定させる
人の違いによる品質の低下をなくす為に、業務の流れに沿って画面が遷移し、項目入力や承認、出力処理のできるデザインにしました。

効果

一気通貫したデータ連携で業務を統括

ガバナンス(統制)が効くようになりました
複数の人/部門とシステムにまたがる業務のプロセスが見えて管理できる形で自動化し、見積もりから在庫状況、入金遅延の管理等のデータが連携されました。分断されて属人化していた各システムは入力データの正確性・網羅性を担保できるようになりました。

  • @業務フローや権限などを最適化し責任範囲が明確化しました
  • A必須の手動調整が無くなりオペレーションミスが削減されました
  • Bお客様への提案のスピード化を果たし、サポートにも余裕が生まれました
  
main
TOPへ戻る